朝が苦手な方必見!朝食&お弁当の調理時間を早くする方法5選

朝の調理時間

朝ごはんを「食べる派」と「食べない派」に分かれますが、朝食をとることで血糖値があがり代謝もよくなり身体が目覚めます。

朝が苦手な方は、朝ごはんをしっかり取り入れる習慣を意識してみてはいかがでしょうか。

朝の調理時間を少しでも短くする方法を5つご紹介します。

1週間分の献立をたてておく

料理が得意な人でも朝から献立を考えるのは面倒。

献立が決まっていれば、前夜に下処理を済ませておいたほうがよさそうな料理を把握できたり、「何作ろう・・・」と考える時間を短縮できます。

栄養面のバランスも考えられるとさらにいいですね。
  

  • 月曜日と木曜日は肉料理
  • 火曜日と金曜日は魚料理
  • 水曜日と土曜日は野菜料理
  • 日曜日はその日の気分で・・・

など、曜日別にパターン化しておくこともオススメです。

さらに

  • 朝ごはんは、果物+パン+スープ
  • 夜ご飯は、メイン料理+副菜・サラダ+汁物

と決めてメニューを組み合わせるだけにしておくと労力も減らせます。

前夜に下ごしらえをできるだけ済ませておく

肉や魚に調味料をからめて冷蔵庫で保存して翌朝焼くだけで済むようにする。
  
そのほか、野菜も下処理しておくとかなりの時短につながります。

洗う・切る・下ゆでする必要のある野菜は前日の夜までに済ませておくといいでしょう。

とにかく面倒な食材の下処理。休日にまとめて食材を買って一度で仕込みをする方法はすごくオススメです。

常備菜を作る・夕ご飯を作るときに取り分けておく

アンケートでは「休日にまとめて作り置きして常備おかずを作っている」「晩御飯のおかずを翌日の弁当にしている」という声も多くありました。そのまま弁当に詰めるだけと5分程で完了しますね。

「夕食と朝食は同じ料理は食べたくない」って人には向いてない時短方法ですが、多めに夕食のおかずを作って朝食用に取り分けておくと時短できます。

冷凍食材も賢く使って時短

最近の冷凍食品は、栄養価の高いものや本格的な味が楽しめます。

下処理不要ですぐに使えたり、長期保存もできるので必要な量を数日に分けて使うことも可能。

料理上手な方も意外と冷凍食品を活用しているようで驚きました。

はじめは市販の冷凍食品を使い、少しずつでも冷凍保存食品術を身につけてみてはいかがでしょうか。

ミールキットを使う

ミールキットとは、食材が届く宅配サービスのこと。

レシピ付なので簡単に調理ができます。

料理が苦手な人でも手際よく調理のコツを身に着くなんてことも。

献立を考えたり買い物に行く手間も省けて料理にかける時短ができて便利です。

何社かあるので無料お試しがあればぜひ使ってみてください。